シミなどのトラブルは内側から改善|活性酸素を除去して美肌へ

レディ

藻の一種である成分

緑の粉

スピルリナとユーグレナは、同じ藻の一種になります。どちらも健康食品として有名です。特にスピルリナは、スーパーフードと言われているほど栄養成分がたっぷり含まれています。ですが、人によっては違いがわからないという人もいます。そういった人に、スピルリナとユーグレナの何が違うのか紹介します。

どちらも先ほど伝えたように同じ藻の仲間になります。ですが、色、形、サイズは違います。それに、健康食品としてスピルリナとユーグレナのどちらかを摂取する時に疑問点をあげれば、含まれている成分と消化吸収になります。スピルリナは、60種類以上の栄養素が含まれています。ミネラル、ビタミン、アミノ酸などといった良質なたんぱく質が60%以上も含まれているのです。それに、特有成分としてフィコシアニンというものあります。これは抗酸化作用が期待できる成分で、免疫力アップ、抗酸化作用、抗炎症作用などが期待できます。ユーグレナは、59種類の栄養が含まれており、特有成分はパラミロンという悪玉コレステロールや余分の油の排出を行なうことができます。それに、プリン体の吸収も抑制する働きがあるのでメタボ対策には最適です。スピルリナとユーグレナの消化吸収に関しては、どちらも高いです。スピルリナは二時間で95%も消化吸収されると結果がありますし、ユーグレナは時間はわかりませんが、93.1%も消化吸収されるとされています。このように違いはありますが、どちらも身体に良いものなので今自分の身体に必要なのはどちらかなのかを考えて摂取してみるといいでしょう。